スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年11月21日

MP40のスリングをつけてみようとした件のタイトルがあまりに長すぎて弾かれた

その通りでございますの四苦八苦記です。

本当はMP40のスリングをつけてみようとしたらその解説があまりにも無かったので自分で考えてつけようと四苦八苦したので詳細含めて記事にした
って感じのタイトルにして、一昔前の流行りのラノベみたいにしたかったんだけどね。


実は私、何かのイベント・・・多分ショットショーだろう、で購入していたMP40のスリングをすっかり忘れていており、マイ衣装入れにほったらかしにしておりました。
先日のケースを漁ってた時に思い出したのです。



銃にとってスリングとは衣服のようなもの。
ガンケース?・・・ガウンかな?スコープ?・・・眼鏡かな?レーザーポイントやライト?・・・ミギーとかARMS?
・・・んなくだらん定義はいいとして、それでまあ寒い季節と言うわけではないですけど、いつまでもスカートを履かないおしりむき出しの女の子ではあんまりだろうと思い着せてやることにしました。

しかしかかしもやしこの哀れなニンゲン、MP40のスリングのつけ方というか装着方法を全く知りませんでした。
知らないで何で買ったの?何で買ったの?
まあ装着なんて適当でいいじゃんと思ったのですが、全く分からずに適当と言うのも気持ち的にちょっといやなもので。
私は邪道好きですが、王道を知らずに邪道するなかれというどこかの漫画の言葉を大事にしております。
まあそんなことはいいとして。

では、まずその装着規定を知ろうよと言うことで調べてたのですが・・・。
ですがー・・・タイトル通りネットでは情報ないんです。
おかしいな軍装趣味でも特にめんどくさい年期の入ったナチ独マニアなら、こういうことは何故か聞かなくても嫌と言うほど細かくたっぷり30時間は聞き聞かせ、軍装ルーキーをやめてください勘弁してくださいと泣かせて帰らせるはずなのに、何で情報無いの・・・?

そうしているうちに、そもそも国内のそういう知識ってどこから仕入れるんだろう?と疑問符。
そりゃ諸先輩方から諸先輩方はどこから?その起源から起源って?多分その国の資料・・・ってところで、よしでは海外だとmp40 sling installation(installationは取り付けとか装着とかつけ方とかそういう意味合いの)で検索ちゃん。すると出てきたそれっぽい情報。
なるほど、割といい加減緩いだった中にも規定はあったようで、理解できましたのでやってみよう。

※今回の内容はあくまで個人的見解とネット情報に基づいてなので、真偽ははっきりしませんことをあしからず。

ここで役に立たないどうでもいい知識。
意外なようですが軍隊の服装や装備着用法は、どの国であっても割と個人によって差が出たりとそこまで厳しくもなかったようです。
あの世界一厳しい旧日本軍でさえ、士官服のオーダーはおろか兵もシャツや手ぬぐいなどを個人調達しておしゃれを行ってたり、近年の研究では装備着用の創意工夫や民間品代用もそこそこ行われていたとのことです。
(改定乱発や末期乱造の混乱で規定なんて合わせられないよってのはまた別の話・・・。)
脱線終わり。


おっと装着の前にモノを紹介。
どこで買ったのか忘れましたけどドイツ軍装やってた店だったと思います。あてにならない脳みそです。
このスリングはMP40専用と言うわけではなく、kar98kやMP44にも使われていたようです。
後色も黒と茶色があり、私が買ったのは茶のほうです。



まずは全パーツ。・・・パーツ?
びろーんと細長い革にボタンと言うか留め具に革リングが二つです。
まあスリングですし紐に金具で全部ですわね。
本体はうっしーの革製だと思うんですが、オイル手入れしていない割に最初からそこそこの柔軟性があります。
表面の仕上げは光沢感満載。格子状の模様が少しあります。裏面は少し荒くちょっと触ると革クズが舞います。
先端部は細くされているので通しがやりやすいです。



留め具部の拡大。穴はぴちょんくん雨マーク状。



ケツの金具。塗装が落ちて錆びてたりといまいち状態がよくないです。
中に入っている棒状の物を移動してストッパーとなるようで。



金具背面には革が貼ってあり、手間がかかっています。
下の縫製もかなりがっちり。



留め具と革リングのセット。
留め具には片方にネジ山が切ってありますが、革とのストッパー的なものなんでしょうか?
革リングは特に何って・・・。まあ、縫製はしっかりしてるようで。


さあ装備してみましょう。とその前にもう一つどうでもいい知識。
昔になんですがMP40のスリング通しを左右入れ替え可能と紹介しましたが、どうもこの位置にも意味があったみたいで。



後ろから見て右側だと、工場出荷状態。つまりこの左利きスタイルが基本なようです。



じゃあこのSRCでのデフォ状態(左側)はと言うと、兵士が個人裁量で右利きに都合いいよう入れ替えたようです。
ただしこの状態でスリングを装着するとコッキングレバーと干渉する、サイトを覗くとスリングが邪魔をする、
などなどなーどの弊害があったようですが。

ここでは工場出荷状態と言ってるほうで着用してみます。
脱線二回目終わり。





まず最初に革リングを二つ、ケツの金具あたりまでに通します。縫い目向きを気にするならば本体裏面にリングが表となるほうがきれいなのでそのように通します。



フロントのリングに裏面を表面にして(ややこしい言い方だな!)先端を通します。



通したら先ほどの革リング二つに先端を通していきます。



そのままケツ金具も通過。ルートはこのように棒で締められるように上を通って。



後ろのリングへは左から右へと差し込みます。裏面が見えるように通せばいいです。



最後に留め具で挟み込み革リングでループ部を締め込み、金具の棒で挟むとすれば完成!いい感じです。



ついでなので左右入れ替えた状態のものも。
後ろの通しが右から左になるだけです。


さてここで三度目の脱線。もういい?いや大事なことなのでお付き合いをば。
一部の人なら気づいたでしょうが、スリングの前後装着が間違っているぞと怒ったでしょう。


前後どっちでも再現するだけなら正解なようです。
・・・いや厳密には正解を調べたのですが今の限りではわかりませんでした。


なぜなら海外のフォーラムや装着などでも、というか記録写真や映像でもどっちの装着例もあるからです。
※記録写真は権利等がややこしいので貼りません。探してみてください。本当にどっちもあります。
推測ですがこういうのがいい加減なのは多分用途さえあえばどうでもいいんだと、そもそものドイツ軍の規定が緩かったのかもしれません。
最初の脱線で個人装備云々と言ったのはそこです。
ぶっちゃけスリングなんて吊れればいいだけだもんね。

前後逆の装着はこの記事ではしませんが、基本は同じです。
最後終わり。本当に最後だよ。




黒一色に飾りとして革の色が入るとアクセントとしていい感じ。
引っ張るとまだギチギチ言ってますが、もう少し革が柔らかく馴染むと使用感もよくなっていきそうですね。  

Posted by sm at 02:00Comments(0)SRC MP40

2015年11月15日

SRC MP40のマガジンキャッチをシークレット

MP40の改造手術も終わっていい子いい子していますが、マガジンハウジングの錆びがまたしても浮いてきたりで手がかかる子ねー。
鉄はいいんだけどなぁー。



てなわけでスポンジや布磨きやブルー塗りでお化粧中。ワタシキレイ?ココロチャーンヤメロコイシ
と、まあたいして記事にするほどでもないことを雨の中やってたんですが、まだちょっと不満点が残ってたたた???
はいなんですか?ほい今回の内容できた。コッチダ。

MP40をいろいろ触っていますと、レビュー時のにもお話したマガジンキャッチの押し込みすぎで外れるという、あの微妙仕様がとっても気になってきました。
多分だーれも覚えてはいないと思いますので、手抜き再使用の写真ー。



これこれこれだよ母ちゃん。
この状態でタクティカルリロードマガジン落下どこだ畜生フィールド○○本日の落し物です記事やるんじゃござーせんが、リロードするたびに押し込め行き過ぎるのは普通に面倒なのです。

暇なので直そう。まずは原因をチェック。





・・・よーするに軸部の長さが長すぎるんで乗り越えちゃってるんですよねー。ほらこんなにながい。





手っ取り早く直すにはキャッチ部の軸を削ってなんですが、この感じからすると1.5mm~2mmは詰めないといけないし、削っての水平出しができる切削機械を私は持っていないし、後ネジ切り部の寸法が詰まるというのもちょっと考え物。
では別の方法を考えよう。シンキングタイム。わからぬ。わからぬは駄目。
なのでもう一度構造チェック。



答えがあった。ハウジング部分のこのパーツがマガジンキャッチの押し込みストッパーになっていました。
つまりここにかさ増しするようになんか噛ませばいいわけで。
ならばとホムセンにGO。



どじゃーん、50円玉。じゃない、子供の宝物のワッシャーです。みんな子供の頃アスファルトに落ちてたの拾って宝物にしてたよね?
いっぱいあるのはバラ売りしてないから。ちょっとお財布に痛かった。まあ100円金物なんですけどね。
実測したところ内径8.65mm、外径17.7mm、厚み1.5mm。



マガジンキャッチのボタン部に当たる外径はちょうどよかったのですが、軸は9mmほどであり、そのままでは微妙に内径が通りませんので9.5mmのドリル使って拡張。



加工後をはめ直すとばっちりぴったり。




確認。うひょー問題無しですね!まさか一発で成功とは思いませんでした。

またしてもMP40への熟練度が上がってしまった・・・。  

Posted by sm at 00:43Comments(3)SRC MP40

2015年11月08日

SRC MP40のFETを縁の下

SRCのMP40はデフォでFET仕立てになっているのは皆様ご存知・・・るかボケェ!?でしょうが、こいつの実装が過去レベルっぽくて、ちょっと不安な要素がぱんちらちら。



この魂が宿る黒い塊をオトサンイッカイゴセンエンネしてみると、おそらくMOSFET1個と抵抗2つの設定かと。
今のところ不具合はないんですが・・・、がー、その過去レベルでこのままってのも気色が悪く。
じゃあ取っ払うかってのは壊れてないのにもったいないし、マイクロスイッチでござーますのでそういうわけにもいかず。
でもどうしようかなーちょっとやっときたいよなー。ということで、やれる範囲でのムダな自己満足安全策を行ってみました。

さっくりおさらいですが、FETが電動ガンのスイッチを保護するってのは、私のようにコーヒー1杯にちょうどよい甘さになるまで放り込むサッカリンぐらいの脳味噌体積マンでも承知の事実。
駄菓子菓子、そのFET自身を保護するのも最近のトレンドだとかで大事なようです。よく壊したーだのこげたーだのいい笑顔でやるひでおさんの報告を聞いたからね・・・。

とか言っても私はFETでスイッチの保護ができればいいだけで、廃ボルテージとか廃サイとかながれはやいとかそっちには逝かない低ランク快楽主義者。にゃので過剰回路はいらないかなと思い単純に増加アーマーアサルトシュラウドみたいなので電子のパーツを追加しました。

なにFETシステム買い替えろ?私はプアシビリアンなのだ。

では皮ムキムキとかヒューズをとっかえ・・・は、別にぶっ壊れてもないので今回はなーし。
じゃあおわり。まていまてい。

本当はね、そうこれを付けてみちゃうの。



じゃーんショットキーバリアダイオード。略してSBD。まんまじゃ。
効果についてはその道の人が解説してるので手抜き。その道その道極まり道。ばかやろーこのやろー。

で、その道で公開されている情報によりますと、バッテリー8.6Vにノーマルモーターにノーマルギアの組み合わせなら、VRRMが8.6V×5倍=43V(バッテリー電圧の5倍以上)に、IFが逆起電流分3A以上であればいいとのこと。・・・計算これであってますよね?

なんか変なアルファベットが出たので調べてみると、VRRMってのはインカ?可能な電圧ってこと?なのだが、どうやら思いっきり流しても大丈夫な最大電圧がこれってことみたい。
んでIFってのが順電流?ってやつで、正しい方向でここまでなら流していいっていう最大電流ぽいッス。
バッテリーって電流が最大20~25Aまではいろんな事例で流れるって聞いたのですが、モーターの逆起電流ってだけを考えると当然通常電流の残りカスなんでがっつり少ない量であり、3Aもあれば十分という専門家見解なのでしょうかね???

え?常識だって?うわーん!!俺電気だの電子だのの専門の勉強してないし、電子工作に関しても受け売り密売犯だから噛み砕かないとわからないんだよぉ!!

ええい取り乱すな。ってことで、私の環境に合わせて計算すると、リフェ9.9V上限でありVRRMは9.9V×5倍=49.5Vが最低ライン。
・・・だったのですが、ギリギリ選定で数円ケチるのもめんどくちゃいのでよく出回ってる中での最大100Vでわかりやすく選定!(探したら200Vあったんだけどね・・・)
続いてIFはリフェ9.9Vにガウスバリバリのチャイナモーターだから若干大きいものをってことで、感覚で言えば4A以上あればいいんだろうかな?かな?かな?と選んだのがこいつら。



左、Linkman製SR5100、VRRM:100V、IF:5A。
右、Linkman製SR8100、VRRM:100V、IF:8A。
寸法はデーターシートを見てもらった方が正確だと思います。
5Aはともかく8Aは過剰だと思いましたが、たまたま在庫が少なかったので数合わせにでっかいアンペアのを買ったのです。
今回は5Aのほうを使ってみます。

SBD実装はいたって簡単でブツも小さいのですが、その設置位置(モーター付近)から微妙にかさばるとの評判。
MP40に仕込めるスペースは・・・。



おっけーあった、ここでいいかな。
そして配線と金具を調達。



この長さの配線なんてなんかのカット余りでいいわねと、半端に残ってた18AWGのシリコンケーブルを使用。
贅沢そうに思えるが、実のところは元々A&KのMASADAかMINIMIかについてたのを取ってジャンク入れに置いてた配線なのだ・・・。なあに大丈夫大丈夫。
金具は秋月さんだったかで見つけた圧着端子。ネジに合わせて買ったので配線の穴サイズがちっちゃい。
なので細線をセンターに入れる分と周りを覆う分にと分割し、まとめてはんだ付けしました。




シュリンクして体裁がついたら、モーターのねじにはさみこみー。



なんですけども、SRCのモーターのネジはプラスネジではなくトルクスでございました。六角でもないのが面倒くせー。
ネジサイズはT-8。他のモーター使うならいいんですがご参考までに。



最後はネジ付けして組立。SBD端子の位置に本体との固定ネジがあるので傷つけないように慎重に。
そしてこのようにトリガーユニットに橋渡しするよう配置できれば、本体樹脂の空間によって隠れます。
ついでにバッテリーの端子も例のに変えてばっちり。

では試運転何もかわらねえよ今回もはやいよ!

・・・そりゃそうだスイッチの保護はFETが行い、SBDは本当はそいつの保護なんだから。
まあ気持ちが楽になったということで、この辺りで決着しました。
ついでにいろいろチェックで問題無しだし弾も出るようになったし、こいつについてはしばらく安泰かな?


この銃は好きなんだけど、合わせる装備を選ぶわね。別に現代装備すればいいんだけど。
なんでか日本海軍ではMP41は試験購入したようだが、こっちはまったくだったようだし、中華民国にもなく鹵獲設定にもできん・・・。
冷戦第三諸国の傭兵や建国直後のイスラエル装備でもいいのだが、ドフリーダムすぎて逆に合わせにくいかも・・・。
フランスソビエト揃えちゃう?・・・また今度だな。



てなわけで王道の今持ってるドイツ陸軍装備と撮影。
なんか変だって?そうこれは東ドイツ服の改造品なの。逆にある意味貴重品ですわよ。  

Posted by sm at 10:24Comments(0)SRC MP40

2015年10月22日

SRC MP40のマガジンを裏切る



SRCのMP40マガジン。悩みに悩んで、試行錯誤も幾数年。どーんだけいじっても直りゃしねぇ。
このままではもう無理だと判断し諦めをつけ、新しいマガジンを調達することにしました。

とはいってもSRC純正のマガジン自体が手に入りにくい、いやまったくない状態。
それに販売から数年経ってはいるものの、その手の情報もないので改善にも期待できず。
・・・元々マイナー製品ですから情報自体がって話は無しよ。
本体はサードロットになってるだの、木箱セットで売ってるだの聞くけどねぇ。

んで、供給ないんじゃどうするのよ?このままではわれらはひり出す玉袋もねえっすよってことですが、
大改造はまあお手間なので、まずは別のもので代用できないかとこちらを手配しまいた。



こちらAGMの同じくMP40用マガジン。スプリング仕立てのいわゆるノーマルマグ。数えたところ54発入りました。AGM用途のMP40マガジンのガワはプラと金属製とがあるみたいなのですが、こちらは金属製。



パッケージからしてAGM純正なのでしょうかね。
例の黄色いブラックマーケットに居る、馴染みの謎の中国人から3本調達したのですが、なんとも外仕様がばらばらです。念押ししますが謎の中国人との取引は誠実であり、何も落ち度はないです。海外製の製品管理はこんなもんなのだということです。



こちらシュマイザーだのMP41?だの刻印がどじゃーん。格好ええ・・・。うるさいマニアの毛細血管がちょちょぎれてのういっけつちゃいます。



こちら側面は何も無いのですが、底に輝くメイドインチャイナ。ああんゴールドに目立って素敵♪

実はこいつをごにょごにょすれば使えるよーと、心優しいお方がいろいろ情報を提供してくれておりました。ありがとうございます。
それをこのひとでなしときたら、コメントも返さずに大放置してやがりました。
本当申し訳ございません。なんというか一時期アクセスもせずで年単位で過ぎてタイミングが見つからずで・・・。

罪滅ぼしも含めて、そこいらへんの作業工程をば。
まず何も考えずに装着してみます。




奥まで届かないしー、



給弾口がまったく違うしー、
がははいきなり駄目ー!

おいもうだめなのかよと思わず、はいではどうなるの?といいますと・・・。
この給弾口、実はひっくり返すことができます。
ひっくり返すってどーやるの?うぃ手順。



まずは底をチェック。
丸い穴があると思いますが、それにぴったりなぐらいかちょっと小さい目の棒を用意。
私はピンチンポの3mmがジャストサイズだったのでソレを使いましたが、つつければ何でもいいと思います。
ただし、必ず先端は平たく面積のある形状にしましょう。なぜかは後述。

リップ方向を浮かせたまま固定し、穴に棒を固定し、ハンマーで適t・・・駄目駄目、天使か悪魔か忘れたけどそのように繊細に大胆は抜きで、かつやさしくこんこんどつくと、



リップ部のアンダーカットが外れて抜けます。
※アンダーカットってのは成型分野での専門用語のことで、はめ合わせの引っ掛け部分や、金型構造で成型離型の際の抵抗になる部分などのことを言います。
画像注記のようにリップパーツは接着されていないのでちょっとの衝撃でばらけます。
組みなおすのはかんたんですが紛失に注意を。



さっきの話に戻りますが、棒の先が細いのや尖ったのだと、
この参考画像のように内部機構にぶっささってしまい、傷付けることになります。ご注意を。

最後まで引き抜くと180°リバースマガジンツイスト。
トラップ発動にならぬよう、パーツや留め部の破損にならぬよう、慎重にもう一度戻し挿入します。



アンダーカット部が再度嵌り手で抜けなくなれば、給弾口のひっくり返りはおるおっけー。
では再装着してみましょう。



マグキャッチの引っかかりもリップ位置も狙ったとおりのごとくぴったり。でも弾が本当に流れるのか気になりますよね。
それでは弾をこめて最後まで撃ち込み実験。けっかはっぴょー。はえーよ!
うん大丈夫だった。弾詰まりでも起こせば写真撮るつもりだったんだけどね。




ただちょっと気になったのが、中身にオイルべっちゃりでお掃除が必須かもしれません。
後、54発キチキチに入れるとバネが戻らなかったりへたったりとのノーマルマグ特有の不安要素はあるかも。

まあそれ以外は文句なし。
あまりにもあっけなく終わったので残りのやつもひっくり返して、チェックして終了。




と、最後になってあれだけど外観チェック。
SRCのが鉄っぽいマット感なのに対してAGMのはちょっと塗料が真っ黒すぎて本体のグレーと浮いてるのと、先ほどのチャイナが気になる・・・。



材質はちゃんと鉄なんですけどね。
※説明しよう、キューポッシュの足には磁石がついているのだ!

時間があれば塗料落として塗りなおしましょうか。


ともかくこれでお飾りから道具へ使えるようになりました。
弾数も50発×3本の150発で、やや少ないもののうまく使えば1ゲームイケる量ではありません?俺ばらまくからなぁー。
このマガジンは供給もわりかし安定している・・・らしいので、足りなければまた買えばよろし。
これで冬のゲームはばっちり。
何で冬って?ほらドイツ軍の衣装ってウールたっぷりで暑いし・・・。
まだもう少し細かい部分の調整が残っていますが、それもおいおい。

後、元のマガジン。これはどうしようかな・・・。  

Posted by sm at 06:00Comments(2)SRC MP40

2013年04月11日

MP40の宿題


うがー!

SRC MP40のマガジン給弾不良については数億年前に書いた通りですが、
要は給弾ルート部分の上側がぴっちり密着されてないので、強引に弾がくいこんで弾づまりになるのです。

そこで針金で固定したのですがまったくもって意味ナーシ。
んじゃもー元通りにするとかいいから、ねっちゃり接着しちまえよーってことで、

やりましたよ念入りに。



とにかく給弾ルートを瞬間接着剤で貼り付け。無駄に耐衝撃なので何があっても安心。
手で引っ張っても取れないのを確認したら、再度組み合わせ。
次に分解するときはドライバーかナイフで唐竹割りにしないと無理でしょうな。HAHAHA。

弾をもりもりぶち込んでぜんまいカリカリ。奥まってるので巻き上げにくいなー。

久しぶりに触ったリフェバッテリー入れて、後ホップ切って、はい試射。



目論見は見事成功して給弾不良はなくなったのですが、給弾の継続性がない・・・。
15~20発程度までは普通に出るけど、後はまたカリカリしないと出てくれません。
マガジンが細いので構造上仕方ないかな。

だがかろうじて使えるようにはなったのでとりあえずOKOK。
部屋撃ちなら問題ないし、ゲームするんであればだましだまし使ってとか、鈍足バッテリーとか作ったりとかなんとか。
後初速が低いんですが、これは昔放り込んだバネが弱すぎるからだと思うので強めので調整する予定です。


目立つ不具合はまー一応これにてなくなったと思って、久しぶりに部屋撃ちのお供となってもらいましょう。
思いたい、思え、思ってしまえ。

(気が向いたらマルイのUZIかMAC10の多弾数マガジン改造して入れてみようかしら。)  

Posted by sm at 22:57Comments(2)SRC MP40