スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月28日

M4にSTRACのマグウェルをはめ込む

写真の撮り方とか、文書の書き方とか、なんかまだ昔のカンがつかめないなぁー。
しばらくは投稿続けて慣れるしかないか。


さて早速ですが、STRACTECHってとこのマグウェルグリップ(レプリカ~ん)が安かったので、無駄に着飾る意味で購入しました。
確か2千円ぐらいだったような。



相変わらず他のパーツと色が違う・・・。本人と同じで適当だな俺のう〇こパーツ。

えーっと、なんじゃこれ?と思った人も多いと思いますが、このパーツはマガジンの挿入を楽にするのと、レシーバー前面にグリップを作るという、地味に地味~に便利な品物なのです。

標準的な形状のアサルトライフルを構えるとき、ハンドガードじゃなくてレシーバー前面を持っちゃうことってよくありますよね。
人間工学に基づいて銃というのは作られているはずなのに、何でしょうね、あのとっさのホールド。



MASADAではその部分に滑り止めがあるんですけど、ほとんどの銃ではそんな気配りなんざ無し。
んで、ちょっとの不満でも大がかりに改造したいM4ジャンキーへ、そんな時にこんなやつらの出番、というわけです。


まずは単体で外観ちぇーっく。



レプリカであることを気にも留めないぐらい、刻印が深い深すぎるッス。
STRACってブランドのやつって一発でわかるこの存在感。



一見、そんなにアラも目立たないって感じなんですが・・・。



パーティングラインや裏側にそこそこバリがついていたので、これを手直し。
大体で磨き上げました。



しっかり肉抜きしてあるのでなかなか軽量。しかしながら強度は必要十分です。


では組んできます。




組み込む際にですが他の類似品見たく、工具やネジの類は必要ありません。
この溝とフレームのつばを合わせ、強引に叩き込むだけです。
要るとしてもせいぜいプラハンマー程度です。


なのですが・・・。



この固定用リブがレシーバー前部の溝に挟み込むタイプなのと、ハンドガードリングに干渉したりで、M4を組んだ状態のままでは入れられません。



とっても面倒ですが、レシーバーをばらしてはめ込みましょう。


後はレシーバーを戻して、ハンドガードを戻し・・・戻らねえ!!



グリップの上部分が出過ぎていて、ハンドガードが締まりません。
仕方ない加工するの面倒だし今回はMOEはあきらめて、ノーマルに戻し・・・



ても装着しづれぇ!!
・・・この野郎、放置しておくことはできぬ!


とーっても面倒ですが、ハイパースペシャル特上加工タイムと行きます。



まずはざっくりミリペンで印を入れて、ノコギリで思いっきりカットしちゃいます。



切った後はルーターでガリガリと削って・・・、そんなに違和感なく仕上げられました。




さて実際に構えてみた感じは、ああ自然だ、何かストレスが無い・・・。
けどバレルがフロントヘビーに感じたりで決定的とは言えず、持ち方にバリエーションが増えたかなってそんなぐらい。

装備して劇的に役に立つぜー!とか、なにこの子異常に目立つ!とかそういうポジのパーツじゃないですけど、手軽に安くアクセントにって感じであれば、なかなかいいのではないでしょうか。  

Posted by sm at 00:01Comments(0)マルイ M4A1

2013年04月25日

M4をそつなくカスタム

まあ例のごとく、



ハンドガードとストックも入れ替えちゃえってことで。



っとその前に、マガジンも追加で買っちゃいました。
専用だからMASADAとも97式とも使いまわしできないってのに、3本になっちゃったわ。
これでふつーにゲームするなら不足は無いでしょ。


さてとっかえとっかえ。



まずはハンドガード。
RASだのもあるんですが、ハンドガード内にバッテリー入れられるのって少ないと思うんですよ。



刻印がなんだかくっきりこっきり。なんかよくわからないレプリカの割には十分十分。
細部の出来もそんなにひどくない。



付属のレイルパーツ。
今回は装着しませんが、なんかつけるときに使いましょう。
そういや同じのをMASADA用に買ったような気がする・・・。



ストック。こちらもPTS。色が濃い・・・。
ハンドガードとは逆に表面処理が荒く、バリ落としを広範囲に行い、仕上げました。
まあ機能面は問題なさそうなので。


では組んでいきます。



ハンドガードは割ってはめ込んで。組み付けは何にも問題ありません。



が、なんか少し左右にガタガタ。
おまけにスリングアダプターの動きが制限されてやがる・・・。



ストックは基部のパーツをずらせば、レバーをおもいっきり下げられるんですが、なんかバネが固ったい!



仕方が無いのでレバーと金具の間にレンチを噛まし、最下部まで下げました。


お披露目。



すべてのDEパーツの色が合ってませんが、思ったより変って感じではないです。
なんかすっかり顔が変わっちゃって、元よりコンパクトな印象を受けます。
後は光学品でも乗せれば完成ですが、なんか変なパーツがあればまたぶち込んでいこうと思います。
  

Posted by sm at 23:59Comments(0)マルイ M4A1

2013年04月23日

M4を軽くカスタム

標準のグリップがいまいち痛いので、何かに変えようといろいろ考え・・・。



カスタムパーツが届いたので組み付けちゃいましょう。



グリップ。いわゆるMOEッス。
何でもよかったんだけど一番無難そうだったんで。



ハンドガードは無くてもよかったんだけど、まあ、その、気分で。



リアサイトはTROYのレプリカ。適当にあったものをチョイス。
折りたたみの動きが硬くて渋い・・・。
逆にサイト部分は全然抵抗感が無し。ちょっとの衝撃でパタンパタンこけそう。


では組んでいきましょう。



まずはキャリングハンドルを取っ払ってリアサイト。
付けれたのはいいけど、ねじを締めすぎるとサイドロックがうまく働かない・・・。
適当な締めでごまかしました。

次にグリップ。
標準グリップを外してポンッと・・・。




・・・付いたんですが、ねじの長さが合わないので、これは標準品を使用。



もともとあったモーターのシムは、付けずで調整するみたいです。

最後にハンドガード。



バネピンが思ったより弱いので、ポンチでぶっ叩いて外し。



後は逆の手順でバネピンぶち込み、イモネジをぐーるぐる。
ちなみに前部分は標準品みたいに外れません。このまま固定です。



グリップ底でモーター位置をアゲサゲして、ハイ調整終了。
うーん、グリップ辺りが変わっただけで、ずいぶんストレスが無くなりました。  

Posted by sm at 01:07Comments(0)マルイ M4A1

2013年04月16日

まずはM4を左利き仕様に

そのままでも無難な使い勝手というか癖が無いM4ですが、やっぱり手を入れてみたい部分もありまして。
とりあえず左利きにやさしい仕様にとっかえちゃいます。



まずはマグキャッチをアンビにしてみようと、大昔に購入したまま押し入れでふてくされていたコイツを出してきました。




D-Boy製のアンビマグキャッチです。
ですが多分スタンダード仕様の寸法だと思うので、使えるかどうかは試してみないとわからない。




ともあれ分解。
1.5の六角でボタンのネジを外します。



中に入り込んでるバネを取り出して、マグキャッチを抜いちゃいます。ばらんばらん。


組んで形状を比較してみましょう。



いやーねぇー。なんかいろいろと違うじゃない。心配になってきたわ。
まあいいや、部品ごとに見ていきましょう。



バネ。明らかに長さが違います。




マグキャッチの長さは同じぐらい。ボタンを止める形状(切り欠き)が見事に90度違ってますな。くそぅ。




ボタンの高さ違いは一目瞭然。


何か不安だらけですが、一応組んでみます。
マグキャッチとボタンはD-Boyで。バネは・・・既存品で試してみるか。




ちょっとボタンが小さい感じがしますが、なんかうまい具合に収まったような。
バネのテンションも悪くないし引っかかりもなかなか。
この後マガジンを入れてテストしましたが、いい具合に着脱ができてました。
給弾不良とかも無く、心配を通り越してベストになってくれました。


さてもう一つ、スリングアダプターを左利き用に取り付けなおします。
フックの向きが右付けになるってことです。



このバネピンですが思ったよりゆるく、ラジオペンチで押し出すだけでずれてきます。
説明書にはペンチで挟んで引っ張れば抜けると書いてますけど、そこまではゆるくなかったです。



分解。バレル部分に油が付着していたのでふき取って再度はめ直し。左右逆にです。


取り付け完了。
スリングは装着するかどうかというと、あまり付けないと思うんですけど、気分的なもんです。


今のところはこんなもので終了。
次のカスタムパーツ、何にしようかなー。  

Posted by sm at 21:30Comments(0)マルイ M4A1

2013年04月15日

ウェルカムM4

そーいや自分の武器にアレが無いなー。
そうだ、アレ、アレ。
・・・買っちゃえ。



というわけで経済貢献。
M4A1っす。
今更んなもんのレビューなんかいらねーよお腹いっぱいだよ。などと、言うな皆まで。
皆にとってはそりゃ100億丁レベルで飼っているだろうけど、私にとってはこれが初めてなんです。いやマジで。
前にも言った通り別にアンチとかではないんですが、なーんでかアーマーライトには縁が無くて。
それにお金ができてもほかの変なもの漁ってたりで、たぶん今の勢いが無いと買わなかったと思う。



で、そんな私が選んだのはマルイの次世代機。

M4はスタンダードもあるし、なんか最近はガスがあったり、中華があったり、カートが飛ぶのがあったりとにぎやかなようですが、
なんで次世代選んだ理由としては
・今更スタンダードのM4買ってもなんだか
・ガスはどうしてもガス漏れに付きまとわれるのであえて外す
・中華もいいんだけど最初から調整とか不良とかちょっといやん
・カートが飛ぶのは変態すぎてしびれるがちょうど売ってなかった
・そもそも次世代電動を持っていなかった
などというずらずらした理由。

さらに面白みが一番ない素のM4にした理由は、新しく専用バッテリー買いたくないからでした。
(ほぼリフェに移行もしてるし・・・)
まあ、結果無難な初めてのM4になったんじゃないかなと。
カスタムパーツもだいぶ出てきたみたいだしで、そこら辺の心配も思っていませんでした。


さて、分解とか外観とかやってもどうなのよと思ったんだけど、今のロットはどうなのかな?ってことで、簡単な分解までをやってみました。



バレル刻印、納豆の5.56と書いてます。なかなかカッチリ入ってますね。



ガスブロック近くのスリングアダプター。カツンカツンうるさいです。
左右入れ替えができるらしいので後で変えちゃお。



M4使いに1200%の確率で捨てられるハンドガード。樹脂ですがしっかりはまってくれてます。
左右にひねるとちょっとコチコチずれるのが、気になると言えば気になる程度。



お馬さんの刻印。なんか初期では文字が浅いとかどうとか言われてましたが、私のはそう感じません。
まあもともと刻印とか気にしないタイプだけど。
レシーバーが金属なので、マガジン抜き差ししてるとやたらハゲます。



セレクター周りの刻印もなかなか。
セレクターの使用感としては・・・セミ、フルの移動はカチカチしてて問題ないのですが、セーフに戻す時に若干のぬめり感があるようでちょっと気持ち悪いです。



グリップとトリガーガード。グリップは持ち方を矯正されるのか尖っている部分が痛い・・・。
トリガーガードをオープンするとすごい使いにくいけど、こうしてわざわざ使う場面があったりするのかしら?



ストック。これは80%の確率で捨てられます。
ナイロンかどうかは知りませんが、他のおもちゃ樹脂した部分より、なんか実銃っぽい樹脂感です。



排莢部分。ダストカバー調子に乗ってパッカンパッカンやってたら剥げちゃいました。



カバー裏のピンもしっかりした感じで、壊れる気配は無いです。



実銃では強制閉鎖用のボタンですが、電動ガンでは意味なし。うおおおおおおおお押せ押せ押せーーー!!



マルイの刻印。なんかここだけちょっと薄い気が。後左利きにはさびしいノンアンビなセレクター。



チャージングハンドルにリブがごちゃごちゃ。
個人的にはこの辺のアングルが見ていて楽しい部分。
そしてキャリングハンドル。フレームが樹脂なのでちょっと重量感が足りない感じ。
リアサイトとしてはなかなか便利。
まあお前も1200%の確率で捨てられるんだけどね!!


じゃあ軽く分解。


ハンドガード分解は基部のリングを下げて上下二分割。何にも難しくない。



ストックはレバーを押してだと位置調整。
反対に引いてだとすっぽーんと抜けちゃいます。



ねじを緩めればキャリングハンドルは取れます。
みんなの好きなレールがお目見えです。



全部剥ぎ取ると・・・貧相になったな、お前。
この状態でもバッテリー入れれば撃てるんだから、なんというか基本はシンプルですね。


最後に性能確認。サイクルは12発/秒、初速92m/sと、極めて良好。中弄る必要ないな。
欠点としては、けたたましくブローバックするので夜に撃つことができません・・・。



さてこのM4、どうやって料理してやろうか。  

Posted by sm at 21:29Comments(0)マルイ M4A1