スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年08月24日

M712ミドルバレルの出品

前回3Dプリンターで作成したミドルバレルの使い勝手がなかなか良かったので、公開販売をしてみます。
選択できるのはナイロン樹脂製となります。その他の出力はできません。元々の金属製から樹脂になるので、当然ですが合法です。




WE tech M712用 ミドルバレル









綺麗に装着するには表面処理や塗装などが必要ですが、軽量化、短縮化の恩恵は一度使うと病みつきになります。
長さも250mmですので、カスタムなどでバレル延長をしていてもほぼ隠すことのできる寸法だと思います。

今後出る樹脂ハンドガンでも接続構造が同じであれば搭載できると思いますので、その際には延長バレルとしてご検討してやってください。
  

2017年08月13日

M712のミドル?バレルをメイキング

うがぁー邪魔だぁあああ!!と毎度毎度言ってるWEのM712カービンですが、何が邪魔というとバレルです。
長すぎるのです。

広いフィールドならともかくCQBフィールドのようなバリケードが多かったり狭い場所であると、これががっつんがっつんごりんごりんいやんあーんとなってしまい、奥に引っかかって死んでしまうとなるのです。
だったらバレル切ればいいじゃないかというでしょうが、なんかもったいなくてできずのそのまま。それに私がきれいに切れるとは思えない。
ではどうするのと悩んでいたのですが、そうだ自分にはCADがあると短いバレルを作ってみました。







ご覧あれミドル?バレルです。露出全長は250mm。拳銃サイズではないのですが、カービンバレルからめちゃくちゃ短くなりました。
規制値に近くなる200mmサイズのインナーバレル延長にも対応しています。



比較すると約半分。めちゃくちゃいい感じです。



バレル先端のサイトは一体出力品で分解はできません。カービンバレルの形状に模した感じですが、ところどころ手抜きです。



後ろの接合部。元々が接着剤止めだったのでサイズ通りに作るとゆるめです。まあカービンはねじ止めあるので特に問題ないです。
一応接着剤流し用の溝も適当に作ってます。

んで作ったはいいのですが、セットできなきゃ話にならんと組んでみました。



まずバレル穴がタイトでインナーバレルで削れてきます。一度要らないバレルで中通しをしないと粉がいろいろ入り込みました。



ネジ穴は後からドリルでがりっと。前が5mm、ねじ止めのが3.5mm。ネジ切りはしないでねじをねじ込んでいくことで山を切っています。
仮組セットして穴あけをすると、だいたいで垂直が出ました。

で、とりあえずこんな感じ。



どうですか、短くてなんだか雰囲気が変わりますすね。え?不細工だって?いいの取り回しよくなったんだから。

試射しても反動で壊れるとかゆるむとかもなくいい感じ。これならゲームで使えそうですし替えも3Dプリント発注すればいいんだからおっけー。

さて、次はこの白いままではやはりあかんだろうと色を付けてみることに。
その前に表面がざらつきすぎてるので少し磨くことに。



使ったのはナイロン研磨用途に特化したやすりで、TuneD3 BASICという特製品。
普通のやすりでもよさそうですが、まあとりあえず使ってみることに。



だいたいで研磨してみたら感触ではつるりとしたのですが、白ではいまいちわかりませんねー。

根性なしなので先にテスト着色をしてみることに。
この際なので一度と試してしてみたのがナイロン用の染料で染めたのですが、いまいち濃い青色みたいな感じになってしまって少し失敗。
もっと濃くすればいいのかなと思ったのですが、早くサバゲで使いたいので塗装に切り替えることに。
ですが手持ちのエアガン用塗料がキレてしまい、もう適当なアクリル黒で塗装。







なんとも汚いがまあ仮でこんなもんで改めてセット。おおうらしいらしい。



分割すればこんなにコンパクトで荷物にならず。

機動力強化とコンパクトさ。この現代定義でのカービンで一つゲームしてきます。
  

2017年06月23日

例のスキマ埋め

むっちゃ、というほどじゃないんですが、ちょいと前にZB26のスプリングがどうたらという記事、覚えてるでしょうか?
あの時の初速調整用に作った3Dプリンター品、まあ単なるナイロンのスペーサーなんですけどね。
を、思い出してみて、もしかしたらこういうのってみんなワッシャとか塩ビパイプとかそういう代用品でやって苦労してんじゃないかな?と思ったので、欲しい人多い少ないはともかく出品の価値はあるだろうと、やってみることにしてみました。
在庫なんて持たないから、こう気楽に出品できるのは強みよね。

にゃーわけで???




電動ガン用 スプリングテンション調整スペーサー

出品しました。







使い方は前回のZB26の記事を見てもらえばいいということで、まあスプリングガイドかピストンの方かにかまして、後は閉じて初速確認にするだけです。

ZB26の初速を安定させてちょっとプラス

金属ワッシャーとは違い多少の柔軟性があるナイロン樹脂ですので、ある程度衝撃吸収やこじれ防止も兼ねていると思います。

スペーサーの種類も前に作った細かいだけの数多いではなく、10mm×1、5mm×2、2mm×3での厳選となっていますし、これらを組み合わせて細かい調整も可能です。

効能としては海外エアガンメカボックスのスキマ埋め、初速の微調整、スプリングテンションの設定となります。

注意としまして初速に直接の影響を与える部品ですので、組み込んだ後には必ず初速調整を行い、余裕分を持っての規制値内におさめるようにしてください。
本当にちゃんと守らないと取り消しますよ。

後、今のところ私のZB26では問題は出ておりませんが、スプリングテンションに干渉する製品ですので、異音や初速異常が起きましたら速やかに使用をやめ、確認をしてください。
すぐに破損するというような可能性は低いと思われますが、想定外の負荷がかかった場合に変形することもあり得ます。

てなわけでなんか淡々とした宣伝文章でオチが無いから、この子らの輪投げ遊びでも貼り付けておきます。



わーい。
  

Posted by sm at 01:18Comments(0)3Dプリンター品

2017年06月12日

3Dプリンターショップを始めてみてます

私の3Dプリンター製作品、今まで単品でリンク貼ってたんですけど、それでは多分利便性が悪すぎると思いましたのでショップ形式にしてみました。




SM warehouse 3Dプリンター部

画像が余りにも殺風景すぎる・・・。

今のところたいしたものは置いてませんが、ゆっくりと追加していく予定です。  

Posted by sm at 22:55Comments(0)3Dプリンター品

2017年04月11日

WE tech M712用補修強化パーツの公開と販売

大変長らくおまたいたいしました。




お題の通りです。WE tech M712用の補修強化パーツを、DMM.comのクリエイターマーケットで販売いたします。
一応国内流通品のカービン用ですが、多分海外品のハンドガンにも使えると思います。


WE tech M712用 ファイヤリングピンパーツ



WE tech M712用 エキストラクターパーツ



WE tech M712用 エキストラクター ファイヤリングピン パーツセット


肝心の販売形式ですが、パーツそれぞれとセットの三パターンがあります。
セットの方は若干ながら安くさせていただいたため、必要に応じてご検討ください。

前にも言っておりますが、ここは作った3Dデーターをプリントしてくれる出力代行サービスでありんます。
その為明日に着け、すぐ着け、といった超高速配達!居ない!再配達やめてぇ!みたいなのは期待できませんのでご注意を。

もう一つ今更ですが、会員登録やどう使うの?支払いは?ってのはDMM.comに詳細が乗っておりますので、そちらをご確認を。
あ、めんどくせーって端折ったな?はいそうですよの開き直り。本家が説明してるんだからここでやるのもガラ○ア○ャラのちっちゃい足です。


では手続きを終えましたら艦○れを遊b・・・、いや今日はそうじゃねえよ。
もといもとい、パーツの組み付けについての注意点を少しばかりご説明いたします。


前半はパーツの材質や特性について。



耳が鼻づまりになるほど聞いてると思いますが、こちらチタン素材になります。
チタンはほぼ人体に無害な金属として知られていますが、それでも切削や研磨の際の粉を吸いまくるのは健康上よくないので、加工の際にはマスクやゴーグルを着用推奨です。別にガスマスクでも構いませんよ。
出力サービスではほかの金属素材や樹脂素材もありますが、値段が現実的でなかったり寸法収縮を引き起こしたり樹脂は強度的に弱いとかいろいろ面倒なので、チタン以外の選択は無しにしました。


次に研磨切削について。
チタンというとよく工具の刃物や合金やメッキなどに使われている為めっちゃ硬いイメージがありますが、こちらはそういう加工用途の合金とはちょっと違い3Dプリンター用に調整されたものであり、硬いことは硬いですが加工は通常のやすりやリューターで十分切削できますし、紙やすりや研磨剤での研磨仕上げも可能です。



前回の写真の転用ですが、こちらのようにアルミ素材や亜鉛合金等に勝てる、ほぼ鉄に近い硬さだと言われています。


重量について。
ヘビーウェイトを求める業界傾向とは正反対に、チタンパーツは非常に軽いです。
アルミパーツと同じぐらい軽いため、重量感目的では適しません。あくまで耐久力強化にと思っておいてください。


材料の話はこのあたりで。


中休み。組み付け部分のばらし方書いときます。



エキストラクターはこの細いピンを左右どっちかに叩くと抜け出ます。
止めのギザギザが片方についているので、抜けねえなと思ったら反対側から叩き直しましょう。
組んだ後は面一になるまで押し込んでおかないと作動に干渉しますので注意。



ファイヤリングピンは長めで太いマイナスドライバーか実物の専用工具とかで、このマイナス部分を押しながら90°回転させ、そのままバネの反発力に任せて抜き取ります。


後半は実際にパーツ組み込むときの注意点をこれからつらつらと。

まずエキストラクター。



タイトに設定されている部分はこちらの青色部分。
出力の公差によっては、ここいらをやすりで削って調整する必要があります。

セットは前方の突起に引っ掛けてから後ろに倒すのですが、引っ掛けた後に強引にセットしたり、あまりこねこねしてると変形しますのでご注意を。
また特にピン穴がタイトなため、個体によっては穴にピンが通らない場合があります。
その場合は同穴径のピンバイスや細いリューターで削り、穴通ししてあげましょう。
ちなみに強引に叩くとチタンの方が硬いので、最悪ピンが負けて変形する可能性もあります。無茶しないように。

そしてファイヤリングピン。



ピンの突起部分が強度アップも兼ねてタイトに設定されていますので、穴に通らない場合は個体に応じて青色部削ってをやって合わせてください。

後、細かいところを言いますと出力の関係上ピンの胴部もざらざらしている為、作動時にバネとの干渉感が若干ながらあります。
スムーズにする場合は胴部を紙やすりで磨いてあげるといいですよ。


それと最後に注意事項。
当たり前ですが強化された金属パーツであることに注意し、違法改造につながるような再加工を行うのはおやめください。
発覚した場合は最悪公開停止もさせていただきますのでよろしくお願いします。
また転売についてもDMMの規約で禁止されていますので、購入は必ずクリエイターズマーケットより直接注文してください。
出力の代行や発送請負についても、私の方では行えませんのでよろしくお願いします。






以上、それではWE M712カービンのカスタムライフをお楽しみください。