スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年08月13日

マルゼンM870の復活と引っ張り出しとゲームユース化

このブログでもめっちゃふるーい記事なんですが、マルゼンのM870って私持ってたの知ってるでしょうか?いねえ当たり前だ。

壊れて以来ずーっと放置してて、ジャンクとしてメルカリにでも投げてやってもいいかなとか思ってたんですが、ふとしたきっかけを機会に再生してみることにしました。
色々しんどかったのですが、まあ何とかって感じで復活させましたよ。
ではみて下され。





マルゼンのM870フォールディングストックロングバレルタイプです。T2のサラ・コナーが使っていたアレのままです。というかアレを見て買ったやつです。

こちらのは昔も昔の旧型。着脱式のグリップタンクなんかない、ただのガスタンクタイプです。
シェルも古い時代の赤が基準。その後緑と青を増やして数増やしました。



では修正をかけた個所ですが、まずシェルを押し上げるキャリアーというパーツが見事に割れていたので、マルゼンより取り寄せて交換。
破損時でも作動はしてましたが、シェルの作動がよりよくなってジャムが少なくなりました。



次にガスタンク。ネジ切れてたホースコネクターを汎用的な規格のに変換。
そのネジに合うようガスタンクの穴を広げてインチタップで刻んでと少し手間でした。
ホースもホームセンターで適当な6mmサイズのを買ってきてチョッキン。このままでは引っかかって入らないので、グリップのベースを取っ払って仕切りを削って放り込むだけにしました。
タンクの固定はききませんが、ガス注入はコツさえつかめば問題なくできます。





レシーバーのネジも舐めていたのでマルゼンから購入。
レシーバーとバレルは汚かったのでやすって塗装しなおしです。



組んでからわかったのですが、気化室の状態が悪くガス漏れしていていました。
そこでシリコンオイルで全パーツを洗い、ホワイトグリスとたっぷり塗って組みなおし。まだ不完全ですがひどいガス漏れはひとまず収まってます。



規制前のやつで単発での初速が危険値であったため、バレルカット。
再測定でおおよそ80前後。炎天下の高温になるとごくまれに90を超えるものが出てきたりしてますが、まあ安心レベルですね。

そんなこんなで本体は再生終わり。なのですが、次にこれをサバゲでどう運用するかです。



まずはシェルを携帯する物がなかったので適当にeBayで調達。散弾ハンティング用のいい小物がありました。




最初のこのポーチは最新装備に対応したものかなというやつ。ボタンではなくベリベリで固定されています。



このように上の蓋を上げるとシェルを取り出しやすく出てきます。
さらにその中にあるベロをつかむなりして引き下げると・・・



こうやって全部をオープンできるわけです。慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、使いやすくはあるようです。



次に買ったのがベルト兼バンダリアなシェルポーチ。



小物入れが両端についていて、真ん中のポーチはシェル入れです。
よくあるベルトのみのキャリアーより、蓋があって紛失防止にいいかと思います。
ただしサイズが思った以上に長いので、ベルトでの運用は厳しいかと。
肩かけのバンダリアにするとちょうどいい具合です。

これで装備としての体裁は整いましたが、実はこの銃もう一つゲームユースに使えない機構がありまして・・・。
というか一番の特徴だよね。そうあれですよ。



ライブカートという機構の為、リアルなのはいいのですが、そいつの回収が極めて難しいということです。
そりゃお金あるよー環境に厳しいよーって人ならシェルポンポン打ち捨ててきゃいいんですが、そうもいかんのがこの品物。
スポット生産はしているようですが、いつ出るかわからぬほぼ絶版品とみなしていい感じですからねえ。シェルも貴重なんですよ。

さてそこで必要となるのがシェルキャッチャー。自作している人もいるようですが、あまりかさばるのは勘弁だし、耐久力があるものを作るのは手間だしと何か既製品を探してみたら・・・。




あったわけです、シェルキャッチャー。海外エアガンのアクセサリーとしてあるようです。
本体はナイロンでできており、ポート部には引っ掛かり防止のカバーが横に飛び出ており、その先にネットがあるだけの単純なものです。
ネットは開閉でき、シェルを取り出せる仕組みとなっています。
収納容量は20発ほど。そこまでかさばらずでいい感じです。



こちらの固定構造はいたって簡単で、レシーバーに挟んで爪で引っ掛けるタイプ。
ですが当然純正ではないのでこの通り中途半端にしかはまらず。
仕方がないので爪の部分をうわぁあああします。

※いつもの寸劇は今回無いよ。



再度装着。ばっちりではないですけど一応は収まったかと。



排莢テスト。構造に起因したジャムを稀に起こすぐらいで、ネットにも不用意に引っかからず、ちゃんとシェルを受け止めています。間違いなくOKですね。



これらをもとに、ちょっとばかりゲームしてきます。うへへへへ。


  

2017年06月10日

小心者のリポバッテリー運用事情-チェッカーとバランサー

前回の続きですます。





さてコネクターを変えて電流の対策とし、充電器を専用の物にして過充電や設定ミスの対策とやりましたが、まだそれだけではすべてに対策出来ているとは言えない部分が多々。
しかしながらそのあたりも専用の道具で解決できるますので、後半戦はそれのご紹介といきます。


まずバッテリーのご機嫌いかがと現状を知るには?と、いうことでこのようなものを用意しました。



セルメーター-7-Dというデジタルバッテリーキャパシティチェッカーというものです。ラジコン業者やエアガン業者から似たようなのがわらわらと出ていますが、基本は同じです。

使い方はバランスコネクターを製品右側の接続部に差すと、ピッバッテリーの電力でモニターが表示され、現在の状態を知ることができます。
情報として出てくるのは各セルの電圧とバッテリーの容量です。容量はパーセンテージとバーであらわされるので、残量がとても把握しやすいです。
左のTYPEセルを押せばピッバッテリーの種類を変えることができます。リポなのにリフェで情報を見てもでたらめなので、正しい種類で見ましょう。
真ん中のCELLボタンを押せばピッ ピッ ピッ1セル、2セル、3セルと単独の情報が表示され、どのセルがどうなっているのかを把握できます。
例えば2セル目だけが死んだとわかれば、高度な改造技術ですが、バッテリーをばらして無事なセルだけを再利用するとかに役立ちます。
最後に右のMODEボタンでピッ各セル同士の電圧差などが表示され、セルバランスが取れているかどうかがわかりま・・・

ピッ ピッ ピッ ピッ



だぁあああああああああああああああああああ!!!!!!!!
うるせぇえええええええええええええええええ!!!!!!!!

必要以上にこのブザー、めっちゃやかましいのです!!

お外ならまだしも静かな深夜のおうちで確認とかだと、確実に苦情に来るレベルです。
というわけで私の精神衛生上まったくもってよくないし、だいたい音でお知らせなんて必要なさすぎるのでぶっ殺します。去勢です。



裏のゴム足を尖ったものかなんかでほじくって外しますと、ネジがお目見えになるのでこいつを4個すべて外します。
後は外枠をパカンと割れば、電子部品のお目見え。



なんかわかりやすくはんだがついてるパーツが見えますが、表にしてみると



ご覧あれこの液晶の下、この円柱状のがブザーです。



はんだごてと吸い取り器で外してポイ。
もし同じことがしたいけどはんだごてが無いって人は、ホットボンドかテープでもブザーの電子部品にかぶせておきましょう。



後は戻して終わり。ブザーは並列に繋いであるみたいですので、コイツの回路にまったく影響はありません。ああ静寂だ。

で、ちょっと脱線しましたが、これでゲームごとにチェックすることで過放電する前に外し、別のバッテリーに取り換えや再充電をする対策ができました。
ところがゲームが終わった後に、結局使わずで満タンのまま保管するってのも悪いということです。
何でも長期保管時は30~60%の残量がベストだとか。
かと言って無駄に電動ガンをぶっぱなして残量を下げるってのも無駄な作業と時間。
てなわけで対策として放電器を買いました。



こちら3in1バッテリーバランサー。6セルまで対応とのこと。これも各社から色々なものが売っていますが基本同じです。
指定電圧まで放電するモードと、偏ったセルだけ放電してセルバランスを取るモードと二つあります。

この指定電圧ですが、あまり下げすぎると過放電になりますので、リポなら3.85V、リフェなら3.3Vを目安として放電させればいいみたいです。
私はそんなことも忘れるおポンチなので、電圧をこうして書いて貼り付けておきました。

これら二つの機材の値段についてですが、両方揃えても3500~4000円程度です。安全と管理を買うと思えば安いものだと思いますね。

ということでおおよそリポの注意点に対しては対策ができたと思うのですが、本当の最後にこの機器についての注意点が一つ。
繋ぎっぱなしにしないということです。
このディスプレイ表示はバッテリーの電力を使って表示しているわけですので、放電していなくとも勝手に徐々に減っていくわけです。
もし放電してそのまま放置して数日以上忘れていたら、確実に死んでおります。
ですので放電時間が長い場合は、おおよそで確認する癖をつけるのです。



上記の機材にリポ全部纏めてでもこんなにコンパクト。
取り扱いに気を付けてエンジョイさせていただきます。  

Posted by sm at 01:48Comments(0)カスタムパーツ

2017年06月09日

臆病者のリポバッテリー運用-バッテリーと専用充電器

先日の記事でも話にしました通り、今まではリフェとニッ水でバッテリー事情の運用をしていた私ですが、この度めでたく?リポバッテリーを使うことになりました。
いやいやぁ君みたいなオタンコナスが出来るのかよぉと思いもしたのですが、どうしてもそれでないとダメな事情というか銃がありまして、でならば安全運用を徹底的に叩きこんだ上で使ってみようとハイなったわけです。




まずリポバッテリーの基本ですが、放電力というかレートが強い、サイズの割に大容量、小さいバッテリーサイズも可能、充電時間が早い、価格もこなれている、入手しやすい、と至れり尽くせりです。
ですがつきまとうデメリットとして、管理がデリケート、充放電を間違えると火災を引き起こす、破損するような衝撃が加わっても火が出る、といった安全面での取り扱い注意があります。
最近はリサイクルも行う業者や団体があるようで、使い終わった後の始末については随分環境がよくなりました。
ただしそれ以外の安全な取り扱いについては変わらずですので、このぐらいならいいだろいやまだまだと準備してのようやくです。

では機器の説明というか自己メモもかねて、私のリポ事情をご紹介します。


まずは何はともあれのリポバッテリー。



こちらの下、随分前に購入したOPTION NO.1さんのリポ。ドラゴンがゲロ火を吐いてるぎゃーす。
上はフジクラさんのリポバッテリー。対照的にあまりにも真っ黒いシンプルなパッケ。一本では容量的に心もとなかったので、追加で購入したものです。



これら二つ、元々は電動ハンドガン用のバッテリーなのでBECコネクターとなっていたのですが、あれではあまりにも通電性が貧弱だしコネクターの共通性も無いので、XT30に付け替えてフルサイズ電動ガンに運用&使いまわしできるようにしています。
ハンドガン用とは言え7.2Vの500mAh以上あるなら十分優秀。
多弾マガジン3~4本分ぐらいは十分撃たせてくれるので問題は無いでしょうし、最大の利点であるそのコンパクトさで、各銃への搭載が楽にできるのです。
実際これでZB26が動かせたし、不具合もなかったので間違いありません。



当然ですが保管や充電の際にはこのセーフティバッグに入れております。ここいらはラジコン用のを探せば安価に手に入れられると思います。

さてその銃への収納例。





バッテリーサイズに難儀したM3A1や電動コンパクトのVZ61でも余裕でございます。

次に充電器ですが、いつも使ってるマニュアル設定可能な充電器ですと設定ミスによって過充電したりといささか危険な要素がありました。
であるならもうリポの充電器は自動設定の専用にしようと色々見て回って、おおこれはと思うものがあったので購入。



GFORCEさんの2S専用リポ充電器で、正式名称はG2 2S Lipo Charger G0159。



この充電器、まず特徴としてめちゃくちゃ小さいのです。ハンドガンサイズのリポの本体半分ぐらいの大きさなので、バッテリーと一緒に持ち歩くことすら可能です。というか完全にそれ狙いの用途です。

さらに便利な部分として、充電がUSB供給で行えることです。
つまりは家のコンセントからのUSBアダプターでもいいですし、PCのUSBポートからでもいいし、それと・・・



このようにモバイルバッテリーに繋いでお外やサバゲの休憩時間に充電できたり、



車の電源からUSB供給も出来るので、車での移動中に充電ができたりとものすごく利便性がいいのです。

使い方もバランス端子を差して、後はLEDの色が変わるのを待つだけという単純なもの。
欠点としては2セル(7.2V)にしか対応していないのと、USB充電なので充電スピードが遅く時間がかかるということ。
ですがこのハンドガンサイズでしたら、15%あたりの状態から1時間もあれば満充電となりましたのでそこまで遅いわけでもないです。



さて充電器を専用とすることで安全にはなりましたが、それ以外にも撃ちすぎでの過放電やセルバランスの偏りや保管時の残量処理など、まだいろいろあります。
もちろんそれらを解消する機器もあり、購入しましたので、次はそれらのご紹介とちょいと工夫したことです。
  

Posted by sm at 02:00Comments(0)カスタムパーツ

2017年04月11日

WE tech M712用補修強化パーツの公開と販売

大変長らくおまたいたいしました。




お題の通りです。WE tech M712用の補修強化パーツを、DMM.comのクリエイターマーケットで販売いたします。
一応国内流通品のカービン用ですが、多分海外品のハンドガンにも使えると思います。


WE tech M712用 ファイヤリングピンパーツ



WE tech M712用 エキストラクターパーツ



WE tech M712用 エキストラクター ファイヤリングピン パーツセット


肝心の販売形式ですが、パーツそれぞれとセットの三パターンがあります。
セットの方は若干ながら安くさせていただいたため、必要に応じてご検討ください。

前にも言っておりますが、ここは作った3Dデーターをプリントしてくれる出力代行サービスでありんます。
その為明日に着け、すぐ着け、といった超高速配達!居ない!再配達やめてぇ!みたいなのは期待できませんのでご注意を。

もう一つ今更ですが、会員登録やどう使うの?支払いは?ってのはDMM.comに詳細が乗っておりますので、そちらをご確認を。
あ、めんどくせーって端折ったな?はいそうですよの開き直り。本家が説明してるんだからここでやるのもガラ○ア○ャラのちっちゃい足です。


では手続きを終えましたら艦○れを遊b・・・、いや今日はそうじゃねえよ。
もといもとい、パーツの組み付けについての注意点を少しばかりご説明いたします。


前半はパーツの材質や特性について。



耳が鼻づまりになるほど聞いてると思いますが、こちらチタン素材になります。
チタンはほぼ人体に無害な金属として知られていますが、それでも切削や研磨の際の粉を吸いまくるのは健康上よくないので、加工の際にはマスクやゴーグルを着用推奨です。別にガスマスクでも構いませんよ。
出力サービスではほかの金属素材や樹脂素材もありますが、値段が現実的でなかったり寸法収縮を引き起こしたり樹脂は強度的に弱いとかいろいろ面倒なので、チタン以外の選択は無しにしました。


次に研磨切削について。
チタンというとよく工具の刃物や合金やメッキなどに使われている為めっちゃ硬いイメージがありますが、こちらはそういう加工用途の合金とはちょっと違い3Dプリンター用に調整されたものであり、硬いことは硬いですが加工は通常のやすりやリューターで十分切削できますし、紙やすりや研磨剤での研磨仕上げも可能です。



前回の写真の転用ですが、こちらのようにアルミ素材や亜鉛合金等に勝てる、ほぼ鉄に近い硬さだと言われています。


重量について。
ヘビーウェイトを求める業界傾向とは正反対に、チタンパーツは非常に軽いです。
アルミパーツと同じぐらい軽いため、重量感目的では適しません。あくまで耐久力強化にと思っておいてください。


材料の話はこのあたりで。


中休み。組み付け部分のばらし方書いときます。



エキストラクターはこの細いピンを左右どっちかに叩くと抜け出ます。
止めのギザギザが片方についているので、抜けねえなと思ったら反対側から叩き直しましょう。
組んだ後は面一になるまで押し込んでおかないと作動に干渉しますので注意。



ファイヤリングピンは長めで太いマイナスドライバーか実物の専用工具とかで、このマイナス部分を押しながら90°回転させ、そのままバネの反発力に任せて抜き取ります。


後半は実際にパーツ組み込むときの注意点をこれからつらつらと。

まずエキストラクター。



タイトに設定されている部分はこちらの青色部分。
出力の公差によっては、ここいらをやすりで削って調整する必要があります。

セットは前方の突起に引っ掛けてから後ろに倒すのですが、引っ掛けた後に強引にセットしたり、あまりこねこねしてると変形しますのでご注意を。
また特にピン穴がタイトなため、個体によっては穴にピンが通らない場合があります。
その場合は同穴径のピンバイスや細いリューターで削り、穴通ししてあげましょう。
ちなみに強引に叩くとチタンの方が硬いので、最悪ピンが負けて変形する可能性もあります。無茶しないように。

そしてファイヤリングピン。



ピンの突起部分が強度アップも兼ねてタイトに設定されていますので、穴に通らない場合は個体に応じて青色部削ってをやって合わせてください。

後、細かいところを言いますと出力の関係上ピンの胴部もざらざらしている為、作動時にバネとの干渉感が若干ながらあります。
スムーズにする場合は胴部を紙やすりで磨いてあげるといいですよ。


それと最後に注意事項。
当たり前ですが強化された金属パーツであることに注意し、違法改造につながるような再加工を行うのはおやめください。
発覚した場合は最悪公開停止もさせていただきますのでよろしくお願いします。
また転売についてもDMMの規約で禁止されていますので、購入は必ずクリエイターズマーケットより直接注文してください。
出力の代行や発送請負についても、私の方では行えませんのでよろしくお願いします。






以上、それではWE M712カービンのカスタムライフをお楽しみください。
  

2016年09月26日

だいたい97式絡みのお買い物




97式の身の回りの物とかもう少し整えたいと思い、まずは手ごろなものから購入。
ついでにねんどろいどのおねーちゃんを買ってきた。・・・関係ないものもありますけど。



まずはXT30コネクターの買い足し。今回の97式改造に伴い、リポ用途でなくとも省スペースとしての有効性が証明されたので、もう少し他の電動ガンにも採用してみようと追加購入しまんした。



でもなんか・・・コネクターのデザイン少し違くない?まあ同じメーカーのようだから、いいんだろうかね?



続いてシム。こいつはコンパクトやハンドガン用のシムでおます。なんかこのサイズでないとぴったりでないとかで、今後の作業用にと先行投資。・・・たぶんしばらく放置だと思う。



んで、97式と言えばレールが付けられる。つまりダットサイトとか乗っけれる、うひゃっほい。なので、防弾シールドを購入。私は愚か者ですし、持ってるサイトはB品の安物ですが、わざわざぶっ壊すためにむき出しはいどうぞなんてしませんよ。
こいつはフリーダムアートさんの、NewスコープシールドLってやつ。組み立ては説明書見ればわかるんですが、よくあるレールアクセサリーとは違いユニット化されていないので、いまいち作るのに手こずりました。六角レンチも二種類必要で、ちょっと作り勝手は悪いかもかも。






とりあえず持っているもの二つでの装着した感じ。後でレールの方向が逆だったに気づいたのはご愛嬌。まったくもって愚かですね。
材質は類似品によくあるすぐパリンするアクリルではなく、ゴーグルにも使われるポリカで頑丈。大きさについてはやや大きすぎたかもですが、余裕があり広範囲にカバーできてるので良しとしましょう。大は小を兼ねるのです。
保護フィルムはついたままですが、これはさっきのようにミスではなく、先にはがして傷をつけないように置いているだけです。・・・本当だよ。



そして最後はA&KのM16マガジン。



なんか短い?そうですこれは実銃で言うところの20連マガジン。俗に言われるべトナムスタイルのです。
PMAGのもあったんですが97式のマガジンキャッチって結構固いんで、金属外装のマグ欲しいあーんどすっきりした20連マグが欲しいねと思い立ち、一番安い多弾数のを購入。



まあその安さ分ツケはあったわけで、どうもキャッチ位置が下にずれており、抜き差しがダメでした。のでので、キャッチ部をルーターでぎゃりごりと切削し、金やすりと紙やすりで水平仕上げ。



ばっちり噛み合いできて、全体的に細い見栄えになりました。
所持弾が少なくなるのが欠点ですが、ブルパップはただでさえレシーバーが厚くて魚みたいになるので、20連マガジンですっきりしたほうが取り回し的にはいいと思います。

余談ですがこいつを装備して地獄の100発射撃実験を行ったところ、みょ~~な作動音がして、なんだこれと分解したりSBDの位置が悪さしてるのかとずらしたりとしたのですが、何も変わらず。
分解してもパーツは無事なので、余分に飛んでたグリスを払ってだけしての再試射。でもでもでも同じ音が出てなんだこれと。
そのあと分かったのですが、どうもS&TのバイオBB弾が悪さをして、軽い弾詰まり状態となっていたようです。
マルイのバイオBB弾にするとまったくノープロブレム。思ったよりチャンバー辺りがタイトなので弾を選ぶのかなぁー。うーむ、実使用の際にはちょっと注意しないとね。



というわけで97式追加パーツ。まずは第1弾終了でした。
  
タグ :小物TYPE97

Posted by sm at 06:00Comments(0)カスタムパーツ