スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年06月13日

おニューのAKスリング



前にお買い物したAKスリング。うちのAKちゃんにおごってやることにしました。
というかそのために買ったんだから。



メーカーはS&T製。
私の時は特価でしたが、通常価格でもお値段1000円強で買えるみたいです。
AKのスリングは実物も安く多種多様なんですが、まあ手軽にお安くとサバイバルユースってことではレプリカでも必要十分でしょう。



構造は特に凝ったものもなく、長さ調整とボタン留めのシンプルなもの。
まあスリングですし紐ですよ。



先端の革はちゃんと革しているようで、ビニールとかではなさそう。
初期から柔らかめなので、オイル入れてのふにゃふにゃ作業はいらない様子。



留め方が最初分からなかったのですが、どうもこのボタンに二重留めするよう。



金具はなんか安っぽい塗装。
別に粗悪品とかではないのですが、OD色なのも拍車をかけイマイチチープっす。逆にAKはその荒さがらしいと言えばらしいのですが。



布地の素材はナイロンですね。
微妙に光沢はありますがめっちゃテラテラとはしてなく、静かに落ち着いた感じ。
少しくたびれさせるといい感じになりそうです。

外観舐めまわすのはこの程度で。
では装着。



わたしのAKはストックにもレシーバーにもリングがあるようになっちゃってるのですが、とりあえずストックに付けるということで。

続いて前に。・・・あれ?



どうやってもフロントリングに通りません。



寸法測るまでもなくこりゃでっかい。

困ったさあどうする。カラビナ買えよ。ダー。



んで探してきたのがアンティーク調のカラビナ。耐荷重10kgだったのでまあ変なことしなければ大丈夫だよね。



装着。うんいい雰囲気。



カスタムの方面からするとモダン化なのかよくわからんうちのAKですが、ナイロンスリングをつけてますますそれっぽい感じとなって、よりわからん方向になりました。
  

Posted by sm at 07:00Comments(0)マルイ AK47

2009年05月03日

ALIVE AK!



多分一番の出撃数&撃墜され数を誇る相方AK。外装を入れ替え、生まれ変わらせました。

私はアサルトライフルはそれほど数多く持ち合わせていません。極端にでかいか極端に小さいかのが好きみたいだったのと、変な武器ばかりに目がいくので・・・。

まあその中でもAKは長々と活躍してくれました。というかそれと他に後1丁しかまともに使えるものが無いというオチですので。

このAK、元々はSタイプ(折りたたみストック)でした。しかし処女航海ならぬ処女サバゲでそのストックはぼっきり折れてお亡くなりに。当時サバゲをやっていた時のボスが余剰のストックをくれたんですが、基部のネジがバカになって固定できず。




そのためフレームの穴を車パテで埋め、目隠し塗装をして貧乏テロリストもどきのカスタムで駆け回っていました。
頑丈なのをいいことに出撃数は最多。後手荒に扱ったこともあり、もうかなりボロボロでした。



しかし趣味を再開したのにコイツはこのままってのもなんだかなと思い、まずはショットショーで固定ストック用のフレームを購入。しかしそのときは手ごろなストックが見つからなかったので、掘り出し物が出るまで待つかなと凍結。

しかし意外に早くいいものがみつかったわけで。



King Armsの外装セットです。お値段も処分価格の3000円。最初目を疑いました。値段はこれでもどうせポン付けできないとかじゃないのーと店員さんに確認したところ「よゆーよゆー」の返事。
じゃあ欠品とか傷とかかな?まあいいやとレジに突撃。
その後帰ってきて確認。確かに傷はあるんですが海外品の許容レベル。欠品も無いし本当に在庫処分だったようで。それとも思ったより人気無いのかAK47よ・・・。同じAKシリーズでも兄弟である最新作が話題独占だし、ボルトも動いちゃうしね。

まあそれはいいとして、まずは固定ストック用のフレームに換装。
次に外装セットのバリを落として傷をやすりでぼかし。





グリップとストックはポン付け出来ましたが、ハンドガードが固く、ゴムハンマーでどつき倒し。しかし微妙に長さが違うのか、連結部のネジが合わない状態に。



仕方なくドリルで穴を掘りなおして強引にネジ止め。ハンドガードとの組み合わせ部分がタイトだったのでガチガチに固定されました。



ついでにハイダーもショットショーでの拾い物を装備。ゴムパッキンを使って向きを固定させています。



配線はストックに引こうか迷ったのですが、Sのそのままに。ネジ止めで出し入れが面倒だったのと、こっちに収納するほうが構えたときのバランスがよかったからです。





とりあえずの感想。47系とは違い妙にスマートになりました。
使用の面でもとにかく構えやすく、バランスの悪さによるストレスがありません。ストックは空洞ですが強度不安は感じません。前に発生していた各部のきしみも無くなり、元々の中身には定評があるので、より頑丈な頼れる相方となってくれました。交換をしていないパーツの傷はそのままですが、AKなのでむしろ勲章です。マガジンは・・・どうしようか迷っています。

後TANカラーが心配だったのですが、色合わせしなくても意外といい感じになってくれました。元々の配色から違和感が無いからでしょうか。

最後にオイル磨きをしてリニューアル完了。また暴れられる日がくれば頼みますよ。  

Posted by sm at 22:18Comments(2)マルイ AK47